自己破産後に車は必要なんだけど。。。

生活でなくてはならないのが、車。
都会だと車がなくても地下鉄とかバスとか
頻繁に走っているし駅も多いから車なんかいらない
なんて言う人もいるかもしれないけれど
やはり地方は車がないと生活できない環境にあると思います。

 

自己破産後に車が必要っていつ人もたくさんいるのでは?
なんて思います。
旦那の兄弟が自己破産したんだけど
仕事のために車がやはり必要になって
でも自己破産しているからローンはしばらくの間は組めない
だから旦那の両親名義の車を乗っていたようです。

 

なんでこのようなことがわかったのかと言うと
旦那のお父さんがなくなり
亡くなったのにお父さん名義の車が存在していると
役所から通知がきたからです。
名義変更してくださいと通知がきたのです。

 

自己破産って借りたお金はなくなりますが
生活に支障がでてくることがやはりあるんだなと感じ、
自己破産と車について少し調べてみたんです。

 

すると、いろいろと単純ではないというか、
車の契約がどうなっているのか、
車の価値とかで自己破産しても車が所有できる、できないが
決まってくるようです。

 

車が自分名義の場合なんですが
自己破産時に車のローンがまだ残っている場合は
車はローン会社に没収されるようです。
支払いができないわけですから、没収は避けられないようですね。

 

またそしてローンが無くても、
所有している車に価値があるのかないのか
と査定をされるようです。

 

車の価値が20万円以下の場合はそのまま手元に残るようですが
20万円以上の価値がある場合は借金返済の一部として
没収されるそうです。

 

ですから高そうな車を所有していると没収になってしまう可能性が
あるというわけですよね。
しかし調べていると、車は購入してから5年経つとその価値はぐんと下がるようで
新車購入してから5年経った車は20万円以下とされることが
多いようです。

 

しかし人気車種だと違うようで
とりあえず車屋で査定をしてもらうことがいいようです。

 

そして車を没収されても支払わなくてはいけないのが
車の税金なんですって。
税金関係は自己破産しても払わなくてはいけないものらしいのですから
自己破産したらすべてが0になるというわけではないようです。

 

自己破産後にもし車に乗りたい場合は
誰かに車を貸してもらう、
ローンが残っている車の場合は誰かにとりあえず支払ってもらう、
ローンが無い状態の場合に限り裁判で車の必要性を話してみる
以上のことで車にのれる可能性が出てくるみたいです。

 

自己破産したのに車に乗るなんてと
債権者からは思われるかもしれない、なんて思う反面、
実際仕事をするとなると車は必要なのでは
なんて思うのです。

 

自己破産の手続きはそう簡単ではない感じなので
やはり自己破産に強い弁護士さんや司法書士に任せた方が
車に関してもいいアドバイスがもらえる気がしました。